一戸建ては安心できるメーカーに|注文住宅で楽しくバラ色生活

挨拶の重要性

近所の人との関係を良好に保つために

一戸建てを新築する際、忘れずにやっておきたいのが、近所への挨拶回りです。一戸建てを建ててくれる職人と、近所の人たちの関係を良好に保つためにも非常に重要になってきます。挨拶は施工者と一緒にまわりましょう。そして、できる限り具体的な説明をすることです。工事の日程などを説明しつつ、騒音が出そうな日が分かっていれば事前に伝えておきましょう。また、挨拶する範囲には注意が必要です。お隣だけでいいとは限りません。状況によっては少し先まで挨拶に行った方がいいと言うこともあります。とくに、建て方のときは職人の出入りも多くなり、材料の搬出で車の出入りも増えます。お隣だけに挨拶をしておけば問題ないと考えていてはいけません。

工事が終わってからも挨拶に行くこと

一戸建てを建てるとき、挨拶回りが不十分だったために近隣の方と関係が悪くなったと言う人も実際にいます。それでは、せっかく新築一戸建てを手に入れても、気持ちよく過ごせません。両隣はもちろん、向かいの3軒には最低でも挨拶しておきましょう。挨拶回りをするときは、基本的に菓子折りやタオルなどの手みやげを持っていきます。また、挨拶に行くのは工事前だけではありません。建て替えでない場合は、家が完成したら引っ越してくるわけです。当然、引越しの挨拶も必要になってきます。これは、工事中迷惑をかけたことのお詫びも兼ねています。工事前に挨拶に行ったところを再びまわりましょう。既婚者の場合は、夫婦二人で出向くのが基本です。